美と健康情報
- 美と健康情報 -

夏に多い肌トラブル「日焼け・あせも・接触性皮膚炎」など


紫外線が強くなり、や汗をかく量が増えるこの時期は、皮膚の炎症もおこりやすくなります。

日焼け・光線過敏症
紫外線によるトラブルの代表と言えるのが日焼けです。日焼けは、強い日差し・紫外線によって皮膚が火傷を起している状態です。
まずは冷やし、ひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

光線過敏症は、紫外線にあたっておこります。種類は多くありますが、
降圧剤や利尿剤を使用後、顔や腕、首回りなどに痒み、発疹がおきます。
日傘や日焼け止めを使用し、紫外線からお肌を守りましょう!!

あせも
汗の出口が様々な理由でつまり、汗が蒸発できずに炎症を起こすのがあせもです。
首や脇の下、肘の内側やひざの裏など、皮膚と皮膚、皮膚と衣服が触れ合う所に
できやすいのが特徴です。
こまめに汗を拭き、お肌を清潔に保っておくことが大切です。

接触性皮膚炎
普段付けていて問題のないアクセサリーが、夏だけかぶれるという方。
アクセサリーに含まれるかぶれを起こしやすいクロムなどの金属が、汗によって溶け出しおこります。
金属だけでなく、革製のバンドなどでもおこります。
かゆいとつい掻いてしまいますが、皮膚を傷つけトラブルを悪化させてしまう可能性がある為、触らず早めに病院を受診しましょう。

夏の肌荒れ。お悩みの方は、悪化する前にご来院をお勧めします。

ima_quick02.jpg

お問い合わせ、ご予約は
  医療法人社団健若会 赤坂AAクリニック
 TEL:03-3585-5330          
 MAIL:reserve@a2-rejuve.com        HP http://a2-rejuve.com/

ページのTOPへ移動します。